リーダーシップを超える
イノベーターシップ® 養成プログラム leadership → innovatorship
次世代のグローバルビジネス環境に向かって、
『理想とする未来を構想し、実践する力』を身につける。 プログラム内容

今なぜイノベーターシップなのか?

リーダーシップを超える「イノベーターシップ」

短期的な利潤の追求を目的としたマネジメントやリーダーシップでは、長期的な顧客の支持を得ることはもはやできません。

次世代のグローバルビジネス環境の中では、自らの視座を持ち、「真善美を目指し、新しい世界を構想して現実を変えていく、これまでのリーダーシップの概念を超える力量」が今求められています。

ご参加の皆様に理想とする未来を構想し、自ら積極的に関与する実践力=「イノベーターシップ®」を身に付けていただき、

これからのグローバルビジネスを牽引していく人材としてご活躍いただけるよう、本プログラムを開発いたしました。

※「イノベーターシップ」は、多摩大学大学院の登録商標です。

 

本プログラムの特長

実践知が身につく構成と、明確なゴール設定

各セッションは、講義、グループディスカッション、グループ発表、演習、課題図書研究など、実践知が身につく参加型の構成内容となっています。また、得られる力を明確に定義し、進捗を確認しながらプログラムを進めることができます。プログラム終了後には「時代認識の糸口が見えた」「自分の思い、ビジョンを明確にできた」などの成果をお約束します。

※「イノベーターシップ」は、多摩大学大学院の登録商標です。

多摩大学大学院 × 編集工学研究所 × フライシュマン・ヒラード・ジャパン コラボレーション企画

  本プログラムで

  得られる

『5つの力』

イノベーションを実現する

骨太な実践知とマインドを身につける

「一業を担う経営者(社長・事業部長・変革型ミドル)」と

「一業を起こす起業家(イントラプレナー・アントレプレナー)」を

   育てる実学志向のビジネススクール

多摩大学大学院 × 編集工学研究所 × フライシュマン・ヒラード

アカデミックとグローバルなビジネス実践知のコラボレーション

情報を“編集”する型を学び、

ユニークな価値命題を創造する力を養う

幅広い分野からの魅力溢れる充実の講師陣

グローバルに活躍する現役のビジネスコンサルタント、

PRコンサルタントや、アカデミックな分野からの講師に加え、

現代ビジネスに不可欠なストーリーテリングに役立つ、

作家・演出家も講師として参加。

様々な角度から、ご参加者の皆様の

イノベーターシップ獲得をサポートします。

松岡正剛が提唱する「編集工学」を、

社会の課題に広く適用する企画・研究・開発集団

情報編集力を養成する「イシス編集学校」を運営

ダーたちと知を共創する

コミュニケーション力を強化する

世界28カ国、80に及ぶ拠点、31の専門分野をもつ

世界最大の戦略コミュニケーション・コンサルテイングファーム

1. 時代を正しく認識し、未来を見据える洞察力

2. ぶれない自らの価値観に基づく高い志

3. ビジネスモデルを創造・変革するイノベーション構想力

4. Unique Value Propositionを生み出す知の編集力

5. チームをワクワクさせ闘う集団を作るコミュニケーション力

collaboration